適用事例

橋脚の鞘管内型枠へのSEEDフォーム適用事例

  • SEEDフォーム設置状況

  • SEEDフォーム設置状況

  • SEEDフォーム設置状況

利根川堤防内に設置されている橋脚の地震の際の変位による堤体構造の安定確保の為に鞘管を設ける工事です。

クレーンの重量制限からパネル自体の重量を400kg以下で製作しました。

 

事業主体 関東地方整備局

工事名称 東北新幹線大宮・小山間58k460m付近利根川右岸堤防強化工事(東日本旅客鉄道への委託工事)

施工会社 東鉄工業株式会社